嵐山 鵜飼見物

東映映画村を見た後、梅雨真っ最中であった嵐山、雨が降り出しました…

昼食で乗った、屋形舟で19時から鵜飼見学をすることが出来ると教えてもらい、どうしても見てみたかった私とサイファちゃん!
電話で聞いてみると、雨でも決行するとのことだったので、雨宿りも兼ねて喫茶店で時間を潰しました^^

a0124689_16495222.jpg
嵐山鵜飼

期間:7月1日~9月15日(8月16日は運休)
大雨・増水・強風の場合は欠航

a0124689_16313587.jpg
鵜飼とは、鵜を飼いならし、鮎などの川魚を獲る古来から行われていた伝統的な漁法です。
鵜飼の歴史は古く千年も前にさかのぼります。

いつか、鵜飼を生で見てみたいと思っていたのですが、予期せず、見る機会に恵まれて本当に幸運でした!





鵜飼の見学が始まる前に、鵜をまじかで見せてもらい、触らせてもらえました^^

a0124689_1632130.jpg
鵜の入った箱の中から、1羽ずつ鵜を出していきます。
首の部分を掴み、マッサージをしていきます。

鵜の首、触らせてもらいましたが、とっても柔らかくてびっくりしました!

a0124689_16322552.jpg
a0124689_16324582.jpg
さらに、首をつかんで、激しく鵜の首を左右に振ります!
これは鵜飼の前の準備運動なのだそうです^^

鵜の喉には紐が巻かれます。
強すぎず、弱すぎずの絶妙な巻き加減は熟練の鵜匠だから出来る技!
紐の巻き加減を調整し、小さな川魚はそのまま鵜に食べさせて、大きな川魚は吐き出させ漁確するのだそうです^^

鵜飼漁で獲れる魚は、鵜の食道で一瞬に気絶させるために、傷がつかず、鮮度が非常によいために、鵜飼鮎はかつて献上品として珍重されていたようです!



19時になりました
a0124689_16455066.jpg
鵜の柄の提灯のついた屋形舟に乗り込みました^^

a0124689_16354144.jpg
鵜漁の小船の準備が始まりました。

a0124689_16343272.jpg
平底の小船の先に火を焚きます。
鵜匠(うしょう)の装束は風折烏帽子、漁服、胸あて、腰蓑という古来からの装束そのままの古式ゆかしいもので、鵜飼の様子を盛り上げていました。
鵜匠は何羽もの鵜を一気に操ります!

a0124689_16452644.jpg
篝火の光に鮎が集まってくるのだそうです!

この日は雨も降っていることもあり、水が濁っており、
『あまり期待しないでね』とこっそり始まる前に鵜匠さんに言われたのですが…

期待は膨らみますよね^^

a0124689_16461337.jpg

a0124689_1646367.jpg
一艘の、なんとも贅沢な小船を見つけました!

こちらも鵜飼見物の小船ですが、芸者さんが何人も乗っており、料理人も乗り込んで、舟の中で調理をし、おいしいお食事を食べつつ、鵜飼見物をするという、なんとも素敵なご様子でした^^

a0124689_16471798.jpg
そして、鵜飼は、熟練の鵜匠の掛け声と技で
『そら来た~!』と見事に鵜が川魚を捕まえていきました!

篝火と古来の衣装を着た鵜匠、鵜、小船…
幽玄の世界です…!

a0124689_16465530.jpg
他の見物舟の提灯の光に水面に写る光が幻想的でとてもきれいでした^^

夏の風物詩を大満喫♫♬
京都はやはり伝統が息づく街ですね^^

a0124689_1648768.jpg
こちらは、写真が見にくいのですが、鵜飼を終えた鵜達が小舟の上で羽を乾かしているところです。
鵜はみんな同じ方向を向き、体を乾かします^^

また鵜の世界でも力の関係があるらしく、舟の上の方は強い大きな鵜がいくようで、大きな強い鵜は自分より小さな鵜が上に来ると川の中へその鵜を落としてしまうそうですよ!
鵜匠さんに、興味深いお話も聞くことができ、とっても蜜の濃い時間をすごすことが出来ました^^

a0124689_16473436.jpg

[PR]
by mika14march | 2009-07-22 20:52 | *大阪・神戸・京都 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mika314.exblog.jp/tb/8680863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まりも at 2009-07-22 23:47 x
嵐山鵜飼!!!
まだ鵜飼はテレビでしか見たことがありません。
風情があって素敵ですね(≧∇≦)キャー♪
わぁ~~芸者さんがたくさん!!
なんだかドラマのシーンみたいですね(^m^ )クスッ
鵜にも上下関係が・・・大変です^^;
何度訪れても京都は素敵なところですね:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
Commented by sigfa-from10 at 2009-07-23 12:25
映画村、まさに時代劇の世界だよね~ 高校の修学旅行や、大阪に来てすぐとかにも来たんだけど…私の記憶より、閑散とした雰囲気だったのが残念だったわ(>_<) 平日だし、特に撮影とかもしてなかったからかなぁ…もうちょっと賑やかだと良かったよね★ ここはちょっと失敗セレクトだったかなぁって思ってるの、ごめんねみかりん(@_@;)
でもさ、言われてみれば…江戸時代に電機や時計はあったんだろうか!?時計は何かしらの仕掛けでありそうだけど、電気はないんじゃない?? 気になるー☆ でもさ、水戸黄門のうっかり八兵衛が『黄門様、大ピンチです!』ってうっかり英語使うくらいだし、太秦関係はうっかりが多いのかもしれない(笑) って、何言ってんだ私(笑)!
電車の下の太秦の街並み写真、素敵だね~ のれんと行燈だけポッとカラーなのが素敵❤ 絵ハガキみたいだね(*^。^*)

Commented by sigfa-from10 at 2009-07-23 12:30
続きだよ~♪ そしてそして…鵜飼!! 最高だったね~ヽ(^o^)丿❤
これぞ正真正銘、初体験だったわ! 思いがけず鵜匠さんと仲良くなって、鵜飼漁に出る前に間近で鵜ちゃんを見れたし、めっちゃラッキーだったね! 朴訥とした優しい鵜匠さんで、素敵なおじさんだったわ☆
鵜飼前に、あんなに首をマッサージするのビックリしたね! しかも、写真に写らないくらいすっごい勢いで鵜ちゃんって首を振るんだもの。驚きまくったわ(笑) いざ鵜飼が始まると…みかちゃんの言うとおり、まさに幽玄の世界❤ 平成の今じゃなくて、平安時代にタイムスリップしたみたいで…幻想的ってこのことね~って思った! 篝火に古式ゆかしい衣装の鵜匠さん、飛び跳ねる鵜に行灯の明かり…芸子さんが乗った料理船にまで遭遇出来て、雨は降ってたけど、私達めっちゃついてたわ(^_-)-☆
今回の三都物語、何かとついてたね~ 私達、日頃の行いいいからね(笑) なんかコメント書いてるうちに興奮してきたわ(笑)
Commented by mika14march at 2009-07-23 14:30
【まりもさん】 鵜飼、私もテレビで見たことしかなかったので、思いがけず見る機会に恵まれて本当にラッキーだったなぁ~って思っています♫♬
芸者さんが乗った料理舟、すごく素敵ですよね~^^
さすが、古都京都!と思っちゃいました^-^
本当に、鵜にも上下関係があるのにはびっくりしました!
動物の世界も大変ですよね(。→ˇ艸←)プッ 
Commented by mika14march at 2009-07-23 14:35
【サイファちゃん】 映画村、確かに閑散としていたけど、初めてだったし、1度来てみたかったからいけてよかったと思っているよ^^なんにしても盛りだくさんの1日だったよね~♫♬
そうそう、時計とかあったの?って不思議だよね^^;
時計とかあったとしてもかなりの高級品な気がする!それを八百屋さんに置いてあったりするのかな~?って思ったよ!
暖簾の写真ね、江戸時代の風景っぽく見えるかな~?ってモノクロの世界に写真編集したの^^そしたらちょっとさみしすぎて一部分赤くしたらいい感じ^^お気に入りの写真になったよ~❤
Commented by mika14march at 2009-07-23 14:42
↑続き
鵜飼、本当に最高だったね^^鵜匠さん、絶対ね、サイファちゃんのことが好みだったんだと思うよ~( ´艸`)ムププ だからの特別サービスだったんじゃないかな~?なんて思っちゃったよ( ´艸`)ムププ
鵜飼前のマッサージ、かなりの驚きだった!ある意味、鳥なのに、マッサージ、贅沢よね~(゚m゚*)プッ
平安貴族達はきっとこの風景を色とりどりの着物を着た美しい貴族の女性達が扇を片手にこの光景を見たんだろうね~❀もちろん小舟はもっときれいに飾りつけられて^^平安時代の風景をまさに見させてもらった感じ!あぁ素敵だったな❤
芸子さんの乗った料理船もすごく素敵だったね:*:・(*´ー`*人)。・:*:
本当に梅雨時期に、素敵な体験も出来て、お天気にも恵まれたと思う!
ほんと、私達って日頃の行いのがどれだけいいのかしら!(笑)
<< 川福のうどん『花魁』 東映太秦映画村 >>