キャンドル&リースアレンジ


 2008年10月

Priserved Flower

Candle Arrangement

a0124689_144974.jpg

Christmas candle
 
イエス・キリストの降誕を祝う「クリスマス」のほか、
キリスト教の祭儀では「光の象徴」としてキャンドルは欠かすことができません
キリスト教では、伝統的な行事が執り行われる際には、祭壇の上にキャンドルが献じられます。
 

a0124689_1452132.jpg

今回はキャンドルアレンジとリースの2種類を作りました!
紫の落ち着いた色の紫陽花と
紫のふわふわ(名前わからないの^^;)がお気に入り!
 

a0124689_146552.jpg
リンゴのオーナメント2つ、ついています^^
紫に金色の縁がついているリボンは針金がはいっており、
自由に形づくることができるので、1箇所、お花の形を作ってみました

360度どこからみても、お花が見える構成のキャンドルなので、
テーブルにおくのにはばっちりです

a0124689_147080.jpg
何箇所かにアクセントに下に垂れ下がるように
紫のリボンをくるくる巻いてつけました^^
針金つきのリボン便利です(๑→ܫ←)♫♬

 

まだ先ですが、クリスマスには、食卓にこのキャンドルを飾りたいと思います!



a0124689_1485649.jpg


 Christmas wreath

 

「リース」はローマ帝国時代、
「威信」の象徴として祭事の際の冠を身につけたのが始まりといわれています。
リング状に繋がるそのデザインから、「永遠、幸福」の願いをこめて、
クリスマスのお祝いに飾られます。

古くは常緑樹の葉や枝、つるなどを用いて制作されたいましたが、
現在では、クリスマスカラーの赤(キリストが流した血)、
緑(永遠の生命の象徴)、白(純潔、平和)
ゴールド(富、希望)、紫(懺悔)
をベースに様々な素材を用いて作られています^^


a0124689_14111517.jpg
これ、白い実(?)の部分に銀色のラメがついています!
このきらきら感がいい雰囲気を出していると思います
 

a0124689_14114570.jpg
キャンドルもリースもどっちもお気に入りのものが作れて満足です❀

[PR]
by mika14march | 2008-10-08 07:07 | *フラワーアレンジメント | Trackback
トラックバックURL : http://mika314.exblog.jp/tb/8734220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ネギ塩❤豚丼 フランスのマグネット >>