太陽の王、光の息子ラムセス2世

古代エジプト史上その名を燦然と輝く大王ラムセス2世!
次のエジプト観光地の記事を書く前に、
私の愛してやまないそのラムセス2世について語りたいと思います
興味がある方どうぞ


a0124689_14361298.jpg

上写真 カルナック神殿のラムセス2世と娘ベントアンタ王女

セティ1世(ラムセス2世の父)

まずはセティ1世から簡単に…
セティ1世は『エジプトのナポレオン』こと『トトメス3世』を尊敬しており、
非常に好戦的なファラオであり、約12年間の在位中にエジプトの栄光を取り戻すべく、
果敢に軍事遠征を繰り返し、トトメス3世には及ばなかったが、
かなりの領土を取り戻すことに成功した偉大なるファラオ


ラムセス2世

偉大なセティ1世の没後、跡を継ぎ、ラムセス2世は22歳で即位。
期限前1270年頃のことです。
古代エジプト史上最大のファラオであり、エジプトの各地の遺跡でその名を残し、
3000年以上の時を越えた今でも、その輝かしい威光を放ち続ける伝説のファラオ。
古代エジプトファラオのなかでも『大王』の称号さえも与えられる人物


カデシュの戦い

どうして、こんなに有名のなのか、まず戦争によって、セティ1世が広げた領土をさらに広げました
中でもラムセス即位5年目のヒットタイトととの戦い、『カデシュの戦い』世界史上でも有名。
ラムセス2世は非常に大柄であり専用の強弓は
王その人以外誰も引くことができなかったと言われる優れた戦士でありました

古代エジプト史上繁栄の絶頂を極めた新王国時代は、周辺各国との戦争の時代です
豊かで恵まれたエジプトは常に外敵に狙われていました
その最大の敵が、北の軍事大国ヒッタイト(現在トルコのアナトリア地方)でした。

カデシュはヒッタイトの誇る難攻不落の要塞で、
ラムセスの父セティ1世さえも攻落を諦めた地でもあります
このカデシュでエジプト軍はヒッタイト軍の策略にはまり、ヒッタイト軍に囲まれ
奇襲を受け、エジプト軍は総崩れし、兵士は逃げ出す始末…
そんな絶対絶命の中、
『ここで負けたらエジプトはヒッタイトの属国になってしまう!そうなってはならない!』
ラムセス2世は自身の信じるアメン神に祈りを捧げ、1人、戦車に乗り
ヒッタイト軍の中へ長刀を振り回し、次々とヒッタイトの兵を切り殺していきました

数千のヒッタイト軍に立ち向かうは、ラムセス2世ただ1人!
しかし、ラムセス2世には、アメン神がのりうつったかのような勢いと気迫と強さ!

ヒッタイト軍は恐れをなし、敗走したという!
ヒッタイト軍を撃退したものの、エジプト軍の被害は膨大だったというが、
このカデシュの戦いの勝利をラムセスは各地の神殿に刻ませ、
国民は歓喜と共にファラオを迎えました

人々は異国の脅威をはねつけた勇敢なファラオを崇拝しました。
エジプトの繁栄と平和を守るのがファラオの使命であり、
歴代ファラオの中で最もその使命を果たしたラムセス2世を、
『ファラオの中のファラオ』神々に祝福された『太陽の王、光の息子』と人々は呼んだのだそうです

このカデシュの戦いの後、エジプトとヒッタイトは世界最古の平和条約が結ばれました

実際のところ、ラムセス2世たった1人で、そんな奇跡のような出来事が起こるとは信じがたい!
エジプト側とヒッタイト側それぞれが自国の勝利を記録したものも残っており、
どちらの国が勝利したのかは、わかりません…

しかし、今現在これほど、光の息子ラムセスと言われ続け、
ラムセス2世と血縁のない古代の王達が、ラムセス3世~ラムセス11世に至るまで、
『ラムセス』と名前につけたほど、尊敬されたラムセス2世
それだけの威厳や、カリスマ性、そして実行力があり、
民に神として愛された王であることは間違いないのだと思います!
そして私は、カデシュの戦いで、奇跡が起きたのだと信じたいと思います!
そのほうが夢があるもの


建築王

カデシュの戦いの後、ラムセス2世は戦争はしなくなり、すごい勢いで
エジプト各地に建造物を作っていきました
カルナック神殿・ルクソール神殿・そして何よりも有名なのがアブシンベルです

現存する古代エジプトの現像物は、ラムセス2世のものが多い
もちろん、ラムセス2世が、多くのものを建てたというのは事実ですが、
さらにそれには理由があります


ラムセス2世は自身の建造物を作るさいに、歴代の王の建造物を壊し、その石材を使って
作った為に、ラムセス2世以前の建造物が少ないという点です
そしてもう1つは、建造物の歴代王の名前を削り取り、自分の名前を刻み込み、
自身の物としてしまったからです!

ラムセス2世は『建築王』でありましたが、非常に顕示欲の強い王でもあったようです

でも私達はラムセス2世のその残された建造物を見るたびに、
ラムセス2世の偉大さ威光を感じずにはいられないのだと思います!


超人的な体力

ラムセス2世の身長は180cm以上という、当時では超人的な体躯を持ち、
治世は67年という長期に渡り、非常に長命で89歳まで生きました
そして、なんと子供は200人以上いたという伝説を持っています!


あまりにもラムセス2世が長生きであったために、ラムセスの王位を継いだのは13番目の息子!
第2王妃イシス・ネフェルトの生んだ、メルエンプタハでした

12番目までの息子はラムセス2世より先になくなってしまったそうです


王妃ネフェルタリ 

ラムセス2世を語るときにはずすことはできないのが、第1王妃であり、最も寵愛された
エジプトの3大美女にもあげられる、王妃ネフェルタリです

ネフェルタリは『美しき女性』を意味します
ネフェルタリはもともとラムセス2世の父、セティ1世の後宮にいた女性で、
セティ1世とラムセス2世が政治の共同統治者に任命したさいに、
譲り渡した女性であったといわれています。

この時ラムセス2世14歳。ネフェルタリ15歳。
ラムセス2世はネフェルタリを容姿の美しさはさることながら、
教養の高さ賢さにも惚れ、第1王妃にしたと言われています。

この時代、軍事力が重視されていただけあり、
女性の地位は他の時代に比べて低く見られていたようです
その中で王妃ネフェルタリは、王の深い寵愛を受け、高い地位と尊敬を受けていました
古代の絵において、ネフェルタリが常にラムセスの付き添いとして描かれていることも、
彼女の王妃としての地位は揺るぎないものであったことが伺えます

現在もラムセス2世のネフェルタリへの寵愛や尊敬を表すものがエジプト各地に残っています
ネフェリタリは40台半ばで亡くなってしまいました、王の寵愛を表すかのような
ネフェルタリの美しいお墓が残っています
ネフェルタリの墓所にはラムセスの詠んだ詩が残っているそうです

「余の愛する者はたゞひとりのみ。何者も余が妃に匹敵する者はなし。生きてあるとき、かの人は至高の美を持つ女人であつた。去りて、しかして余の魂を遙か遠くに奪ひ去りしが故 」

ネフェルタリはラムセスとの地上を越えた愛と、その伝説的な美しさで有名であり、
特にアブシンベルではそれを目の当たりにすることができます!


私はラムセス2世に何故か昔からとても惹かれるものがあります
それは、偉大なファラオでありながら、1人の女性を強く愛し、それをファラオであるがゆえに
愛情を具現化したそんなところに強く惹かれるのかもしれません…
女性なら、そんな深い愛情を示す男性を素敵だと思わずにはいられませんよね^^


ただ、私のラムセス2世のイメージと200人の子供を持ったというラムセス2世は
ちょっと一致しません(笑)

 

[PR]
by mika14march | 2009-03-03 11:53 | *エジプト | Trackback | Comments(30)
トラックバックURL : http://mika314.exblog.jp/tb/9062940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hatabou at 2009-03-03 16:58 x
ラムセス2世・・・名前はよく聞いてたんですが、こんなに凄い方だったんですね~!
良い勉強になりましたw
ナイル川が目の前にあるホテルなんて、素敵ですね~!
Commented by at 2009-03-03 17:18 x
歴史の詳しさ♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!! エジプトの時代に生まれてたら?ファラオになりたかったぁ~~~(笑)
Commented by odazuki at 2009-03-03 20:54 x
すごく愛されているんだね~^0^*幸せな女性だな~。美女は特だね。
Commented by みか at 2009-03-03 21:28 x
【hatabouさん】 すごい人でしょ^^私とってもこの方に興味があって、たくさん本読んだのです❀
ナイル川の目の前のホテル、ナイル川を見ながら食べたリンゴおいしかった(๑→ܫ←๑)
Commented by みか at 2009-03-03 21:29 x
【凛さん】 ファラオは大変そうだよ~^^時には先頭に立って戦争にでないといけないしね^^凛さんはどんなファラオになったかなぁ~?(^ー^* )フフ
Commented by みか at 2009-03-03 21:31 x
【odazukiさん】 美女は特!その通りですよね❀
美しさと賢さを両方あわせもつ、ネフェルタリ、素敵な女性だったのでしょうね❀
Commented by べがった♪ at 2009-03-03 21:56 x
(・ロ・)ホ('ロ')ホ--ッッ!!!  そんなにすごい王様だったんだ!  知らなかった!!
((φ(..。) カキカキ
確かに遺構では、ラムセス2世の時代のもの!と聞いたのは多かった!!
Commented by coco at 2009-03-03 22:03 x
私にとっては初めて聞くエジプトの素敵な歴史でした~~^^;何回も何回も読んでしまった^^; 私こういう世界史って本当に苦手で^^;    
今の時代考えられない年で(14歳・15歳)愛し愛されって凄いな~。。
こういうエジプトの歴史に興味もって色々調べれてるみかちゃんも凄いな~~と心のそこから思ってしましました^^私には難しくて~~~~(;・∀・)
Commented by aijin at 2009-03-03 22:07 x
いや~ホント行ってみたいなぁ・・・(。-ω-。)ポッ
それにしても長い文章をよく書いた(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
でもこうやって書くと頭にも入るねグ~(`・ω・)b
Commented by yuriちゃん at 2009-03-03 22:08 x
こうゆう異国のことに興味を持つこと自体なんかすごいね。
外国にあまり行ったことのない私、でも旅行とか出来たらきっと興味ももてたのかな~。異国の空気に触れ、異国の歴史に触れるってなんか神秘的でいいね。
Commented by masa117 at 2009-03-03 22:32 x
エジプトって言えば、先日も観光客が襲われましたよね。治安・・・悪いのかなぁ。
「余の愛する者はたゞひとりのみ」  ▼^・^▼wワン! おまえじゃ~ねぇ(^_^;)
Commented by mipotta at 2009-03-04 00:02 x
そうなんだよねぇ。。
一番に愛された妃はわかるけど‥
その後の妃達の心情を思わずにはいられません。。
Commented by サイファ at 2009-03-04 00:40 x
エジプト日記、再開したね~☆ 書きたい事が盛り沢山って、それだけ毎日充実してる
証拠だもの。素晴らしいことだよね(*^^)v♪
エジプト旅行、毎日違うホテルっていいね❀ ホテルって旅行ではかなり重要だし、
やっぱり国によってホテルも雰囲気違うから、それを数多く楽しめるのはいい!!
ナイル川を見渡せるホテルって、素敵~❤ 川の向こう側にけぶって見える景色も、
なんとなくオリエンタルでムードあるね(*^。^*)★

ラムセス2世、じーっくり読んだよ。 すごくエピソードの多いファラオなんだね!
私、世界史苦手でこうやってエジプトの話とかあまり知らなかったから、すごく興味
深かったわ♪ 1人で数千の軍勢に立ち向かって勝利したっていう逸話が残るほど
屈強な戦士でありつつ、世界最古の平和条約を締結させて知恵者で…さらに
建築王と呼ばれるほど都市建設や美観にも熱心。まさに、天に二物も三物も
与えられた人だったんだね(^^ゞ たしかに、常人には想像しえない自己顕示欲も
あったみたいだけど、だからこそ当時のエジプトを統治するだけの決断力や実行力
も持ち得たんだろうね。 子供を200人も作るあたりはなかなかだけど(笑)、今とは
恋愛観や家族観もまったく違っただろうから、それもありだったのかなぁ??
王妃に『去りて、しかして余の魂を遙か遠くに奪ひ去りしが故 』って詠むところを
見ると、相当なロマンチストだったんだろうね~❤ 
歴史に名を残す人って、人生の降り幅も大きいから、きっと輝かしい功績と同じだけ
の苦悩も持ち合わせた人生だったんだろうなぁ… なんか、ロマンだわ~

みかちゃん、もしかしたら前世はエジプトのこの辺の時代の人だったのかもね。
テレビとかでよく言ってるじゃない?なぜだか理由はわからないけど魅かれるもの
って、前世に由来するって(^^ゞ♪♪ 
Commented by みか at 2009-03-04 12:49 x
【べが】 すごい王様なんだよ~^^こんなに時がたっても語り継がれる王様ってすごいなぁって思っちゃいます❀
Commented by みか at 2009-03-04 12:51 x
【cocoさん】 何度も読んでくれてありがとうね^^私もね、世界史は日本史とは違って苦手だったの。なのに今となってはあくまでも興味を持った国の歴史のみだけど、おもしろいなぁ~って思うようになったよ❀
日本の平安時代も、こうゆう年齢で結婚とか普通だったし、やっぱり寿命が今とちがって短いからっていうのもあるのかなぁ~?と思ったよ^^
Commented by みか at 2009-03-04 12:51 x
【aijinさん】 (。'-')(。,_,)ウンウン 文章としてこうやって書くと自分自身が勉強になるんだ^^
Commented by みか at 2009-03-04 12:52 x
【yuriちゃん】 神秘的な国がとってもスキみたい^^歴史のある国とか!でもあまりリゾートとか行ったことないから、南国にゆっくりというのも憧れます~❀
Commented by みか at 2009-03-04 12:53 x
【masaさん】 治安はあまりよくないのかもしれないですよね(´・ω・`)ショボーン
カムイクン、愛されてるわ(。-∀-)ニヒ♪
Commented by みか at 2009-03-04 12:55 x
【mipottaさん】 ネフェルタリは後宮争いもなく、うまく後宮もおさめていたということだったから、他の女性が変な嫉妬を抱かないくらい、人間的にももしかしたら、ネフェルタリという方は魅力的だったのかな?とも思いました❀
何人も奥様を持っている方の自分が1人なんて、私にはたえられないですけど^^;
Commented by みか at 2009-03-04 13:02 x
【サイファちゃん】 そうそう、少しずつだけど再開したよ~❀
ホテルは毎日違って、それもなかなか楽しみだったよ^^毎日同じホテルだと荷物そのままでいいから楽で、それはそれでいいんだけどね^^

(`・ω・´)ハイ!私も自慢にならないけれども、世界史苦手だった!なにせカタカナが苦手!自分の興味のある歴史はいまとなっては楽しいし、興味のある人は名前も覚えられるけど、基本、興味のない国や歴史はいまだにさっ~ぱりだよ(笑)
本当に、神に愛されて、民に愛されて、いくつもの才能に恵まれた王だったということは間違いないよね!その名残を今も実際にみることができるってすごいことだなぁ~ってあらためてしみじみ思ったよ^^
ラムセス2世がどれだけネフェルタリを愛していたかということはあちこちで感じることができるよー❀とっても情熱家でロマンチックだったんだろうね^^
(。'-')(。,_,)ウンウン きっと歴史には残ってはいないけれども心の中での葛藤や重荷、それに、苦悩はきっとたくさんだったと思う!それでもそれを乗り越えて立派に統治したラムセス2世はすごいと思う!

私がエジプト興味あるのは漫画の『王家の紋章』知ってるかな?に以前はまったことがあるからだと思われる(´゚艸゚)∴ブッ
どちらかというと日本の平安時代にはすごく惹かれるものがあるから、私きっといつかの前世に平安時代に生きていたと思う!^^
Commented by ♡にぃ♡ at 2009-03-04 13:14 x
またまた興味がわいてきた♡ ずーっと記事を読んでいてすごいすごい・・!!!!!やっぱりすごい!!!!!!!!かっこいい!!!!!!・・・・・子供の200人でちょっと笑っちゃいました((●>艸<))ププえっ!?っと見直しちゃいました。でもあの詩はステキ♡
一人で闘ったなんて男らしいですよね才オォ(*・ω・*)ォオ才!!!!
Commented by フラニー at 2009-03-04 14:08 x
エジプト日記待ってました!
ラムセス2世はとても有名な人物だけどこんなに詳しい説明はあんまり読んだことないから凄く勉強になったよぉ~^^
第1王妃ってそんなに深く愛されてたのね!なんて羨ましい!
愛情も過ぎると怖いけどこういう表現なら嬉しいよね(●´∀`●)ホェ
Commented by Ikuko☆ at 2009-03-04 15:12 x
私もみかさんの旅行日記を楽しみにしていましたよ・・・♪
本の中の知識だけではなく、実際に行って目で見ると、また興味ってどんどん沸いてくるものなんですよね~♪
私は、みかさんの旅行日記で、ますますエジプトに興味を持つようになりました!いつか行ってみたいなぁ~♪
うふふふ・・・、私も「王家の紋章」・・・知っています(笑)。
Commented by ようた at 2009-03-04 21:54 x
すっごい! ラムセスⅡ世ってすごい!!!
あたし あまりそこらへんの歴史ってわからないんですけど・・・・・
戦いのシーンのあたり、すんごいドラマチックでワクワクしますねぇ!
今見てる韓国ドラマ 『風の国』 をちょっと彷彿させるような人物だな~って思った!
・・・ってわかんないですよね、スイマセン^^;
Commented by みか at 2009-03-04 22:18 x
【にぃさん】 子供200人は真実かどうかわからないけれども、少なくとも100人くらいはいたっていう話らしいよ^^すごいよね^^
(。'-')(。,_,)ウンウン、女性ならあんな詩を捧げられたらもう感激ですよね❤
Commented by みか at 2009-03-04 22:30 x
【フラニーさん】 ラムセス2世オタクっぽいよね~私(笑)
本当に、そんなに愛されたら女性として幸せなことこの上ないと思うな^^
確かに、変な愛情は怖いけど…こうゆう偉大な人物にこんな愛情表現をされたら幸せだよね~❀
Commented by みか at 2009-03-04 22:33 x
【Ikukoさん】 ありがとうございまーす^^
そうなんですよね^^いく前までにもちろん興味を持っていろいろ本を読んだりしますけど、見てくるとなおさら興味がわきます♫♬
いつかぜひ!エジプト、とっても魅力的な国でしたよ:*:・(*´ー`*人)。・:*:
王家の紋章!今も続いているんですよね!私あまりに長すぎて途中で断念しちゃったのですけど、いつか完結したらまた読んでみたいです♫♬
Commented by みか at 2009-03-04 22:36 x
【ようたさん】 戦いのシーン!ワクワクしますよね+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚
こうゆう伝説的な人物大好きです!
韓国ドラマ『風の国』見たことないのですが、時代ものでしょうか?^^面白そうですね!私もいつかみてみたいと思います^^
私韓国ドラマ大好きで、しかも時代ものが特にスキです←オヤジぽいですね^^;
今はソドンヨが残り2巻で見終わるし、チュモンもあと残り2巻で見終わります~❀
Commented by ようた at 2009-03-04 23:38 x
+.(ノ✿`・Д・)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆  チュモン見てるんですね~!
あたしはもぉ思いっきりハマッて見終わってリピして、って2回見ました!!
「風の国」 はチュモンの孫(ユリの息子)の話で、その役を
チュモン演じるソン・イルグクさんがやってるんですよ!!!
も~ めっちゃかっこいいんです♪ 今BSフジで放送中です (・´艸`・)ムププ
「ソドンヨ」 あたしも見てみたいなぁ~、と思ってるドラマです^^
Commented by みか at 2009-03-04 23:55 x
【ようたさん】 ォォォォッォォォォォΣ(´▽`ノ)ノォォォォォォォォォォ!
風の国、それはめっちゃみたい❤ ❤ ソン・イルグクさんかっこいいですよね^^私『海神』も見ました!最後はイマイチな終り方だったけど…^^;
風の国、BSなのですね^^私はDVDでたらゆっくり見たいと思います~❀
すごく素敵な情報ありがとうございました!
ようたさんとは韓国ドラマでも趣味があいそう❤ なんだかとってもうれしくなっちゃいました!なかなか女性で韓国ドラマの時代物見ている人がいなくて…
うれしい(● ´艸`)デス
<< 春仕様の簡単リースとROYCE... エジプト2日目ホテル >>